那須塩原、大田原で相続登記、相続放棄、遺言作成の無料相談 那須塩原・大田原で相続・遺言の相談なら司法書士法人 なすの事務所

相続・遺言の無料相談 0287-48-6388
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 相談の流れ
  • サービス料金
  • お客様の声
  • アクセス
  • お問合せ
 

農地転用 

農地転用とは

 

 農地転用とは、農地を農地でなくすこと、農地を農地以外に利用することを指します。優良な農地を大切に守るために、国の政策により、農地転用には法律で一定の規制がかけられています。農地転用をする場合には、農業委員会の許可・届出が必要になります。

農地転用の種類

農地転用には、3つの種類があります。

①権利変動(第3条)

②転用(第4条)

③権利移動と転用を同時に行う(第5条)

 

以上3つはそれぞれ農地法の第3条、第4条、第5条に定められていることから、このように呼ばれます。

 

①権利移動

3条は「権利移動」に関するものです。

農地は農地のまま(地目を変更しない)ですが、持ち主が変更になる場合に発生します。

具体的には、農業をする目的で農地の売買・貸借等をし、権利を取得した場合が挙げられます。

許可を得なければ、勝手に売買等をすることはできません。

 

②転用

4条は「転用」に関するものです。

自分の農地を転用する場合の許可になります。

つまり、土地の名義・持ち主はそのままですが、農地を宅地等に変更したい場合にこれが適用されます。

許可を得なければ、勝手に転用することはできません。

 

③権利移動と転用を同時に行う

5条は、3条の「権利移動」と4条の「転用」を同時に行うものです。

事業者等が農地を買って転売する場合や、

農地を宅地にして子の家を建てる場合等があります。

 

許可申請の際は、売主(または貸主、農地所有者)と

買主(または借主、転用事業者)の二者で行います。

 

それぞれ申請を行う際は、都道府県や農地の広さによって異なります。

まずはお気軽にご相談下さい。

 

「不動産登記」の詳しいコンテンツはこちら

IMG_0244.jpgのサムネール画像   不動産登記
不動産登記の種類
不動産登記に関するQ&A
所有権保存、移転
表示登記
抵当権の設定、抹消
不動産の境界問題

相続不動産の売却
未登記
住宅ローン借換
債権・動産譲渡
農地転用
開発行為許可申請

許認可申請


那須塩原市、大田原市などの法律相談は私たちお任せ下さい!

ImgTop13.jpg

ホーム

事務所案内

相談の流れ

     

サポート料金

アクセス

お客様の声


Copyright (C) 2013-2016 那須塩原・大田原の司法書士法人なすの事務所 All Rights Reserved.