那須塩原、大田原で相続登記、相続放棄、遺言作成の無料相談 那須塩原・大田原で相続・遺言の相談なら司法書士法人 なすの事務所

相続・遺言の無料相談 0287-48-6388
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 相談の流れ
  • サービス料金
  • お客様の声
  • アクセス
  • お問合せ
 

3ヶ月経過後の相続放棄

相続放棄は、相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内に相続放棄の申述の手続きをとらなければならないと定められています。


しかし、亡くなってから3ヶ月以上が経過していたとしても、債務の存在を知らなかった場合など一定の要件を満たせば、自らが相続人であると知り、または借金の存在を知った時から3ヶ月以内に相続放棄申述の手続きをとれば良いとされています。

 

3ヶ月経過後の相続放棄における判断基準

3ヶ月経過後の相続放棄が認められないケースは以下の通りです。

1.相続人として亡くなった方の財産を受け取った、処分した場合

2.相続財産を隠匿するなどの背信行為をしたとき

3.自らが相続人であることを知っていたとき

 

この場合、プラスの財産もマイナスの財産も全て受け継ぐ単純承認をしたとみなされます。

借金の存在を知った場合は、何も手をつけず、まずは専門家に相談した方が良いでしょう。

 

 

 

 

「相続放棄」の詳しいコンテンツはこちら

IMG_0129.jpgのサムネール画像 相続放棄とは
限定承認と単純承認
熟慮期間の伸長
3ヶ月後の相続放棄

那須塩原市、大田原市などの法律相談は私たちお任せ下さい!

ImgTop13.jpg

ホーム

事務所案内

相談の流れ

     

サポート料金

アクセス

お客様の声


Copyright (C) 2013-2016 那須塩原・大田原の司法書士法人なすの事務所 All Rights Reserved.